新工場・新社屋が全面完成、本格稼働。
 HACCPやISOの習得をも視野に。

 さらなる製造能力。
 3階建て鉄筋コンクリート(一部4階)、
 敷地面積984平方b、延べ床面積2711平方b
 (旧本社社屋に隣接)。
 新工場の本格稼働により、製造能力はこれまでの1.5倍になりました。
 これは、品質の安定が格段高まったことをも意味します。


徹底した衛生管理。

天井・壁面すべてステンレスパネル採用、
防塵袋使用の空調システムで清浄空気による完全温度管理、急速冷却可能なフリーザー導入で雑菌の繁殖防止、エアシャワーやセンサー方式ドアで2次汚染防止などHACCPやISOの習得をも望める徹底した衛生管理を行っています。
 
準備室
防塵袋使用の空調システム
 
揚げ物ライン
ブレンド室
真空殺菌ライン
 

何よりも品質重視。

機械化できる部分は機械化するが
もし品質が落ちるならば機械化はしない、   
というのが杉永ならではの基本姿勢です。
そのため、これからも「手づくり」は
いろいろな行程で継承していきます。
品質管理室
厳しい品質検査に合格した品物だけが市場に出荷されています。
 
本社売店(駐車場完備)
 

Copyright ? Limited company Suginaga All rights reserved.